一般社団法人大阪府歯科医師会
サイトマップ 個人情報保護方針について リンクサイト一覧
会員ページ
歯の健康アラカルト
HOME > 歯の健康アラカルト

歯の健康アラカルト
歯科医師会について
歯科医師会の主な活動
各種相談
バーチャル出版物
休日・夜間緊急歯科診療案内
障がい者歯科診療
障がい者歯科診療対応施設一覧
歯の健康アラカルト
地域連携ガイドライン
採用情報
お車でのアクセス

大阪府医療機関情報システム
http://www.oda-dhschool.ac.jp/
歯の健康アラカルト一覧

歯に関する知識を分かりやすく解説しています。

歯に関する疑問・質問にお答えしました。

歯の疾患の予防とメンテナンス

<むし歯の予防に役立つ食品> 「むし歯になりやすい食品」といえば皆さん、甘いもの、砂糖がたくさん含まれている食べ物、飲み物を挙げられると思います。それはむし歯の原因菌であるミュータンス菌が…

<定期的な通院のすすめ> 以前は、歯医者さんへは歯の具合が悪くなってから行くものと考えられがちでしたが、近年、歯科医院へ定期的に通院している方もかなり多くなってきました。一般的にむし…

<むし歯の原因> むし歯にならないためには、どのようなことに気をつければいいですか?
(21歳男性)

<むし歯の予防法> むし歯の予防方法にはどんなものがありますか?(23歳 女性)

<Keyes(カイエス)の三つの輪> むし歯にならないためには、どのようなことに気をつければいいですか?
(21歳男性)

<歯磨き剤> いろいろな種類の歯磨き剤が売られていますが、どのように選べばよいか教えてください。(37歳 女性)

<デンタルフロスと歯間ブラシ> デンタルフロスや歯間ブラシは有効なのでしょうか。(42歳 主婦)

<洗口剤の効果> たくさんの洗口剤が市販されていますが、歯磨きと同じような効果があるのでしょうか。(26歳 女性)

<キシリトール> キシリトール配合のガムでむし歯予防ができるのでしょうか?(25歳 女性)

う蝕・歯痛

<「むし歯(う蝕)を知ろう」(1) むし歯の特徴> むし歯はどのような特徴を持った病気なのでしょう。歯の表面では、細菌が糖を分解して作る酸によって歯のカルシウムが溶け出す「脱灰」と、溶け出したイオンが再び歯…

<「むし歯(う蝕)を知ろう」(2) むし歯の治療> むし歯はどのように治療するのでしょうか。むし歯の治療法は、むし歯がどの程度進んでいるかによって大きく異なります。むし歯が浅い場合には、むし歯菌に侵された部…

<くさび状欠損> 最近テレビで歯の知覚過敏症が紹介され、話題を呼びました。その原因は歯の頸(くび)まわり(歯頸部)にできるくさび形をした三角形の欠損(くさび状欠損)で、歯をコー…

<知覚過敏症> くさび状欠損が形成されると象牙細管が露出するため、温冷刺激や蝕刺激に対して知覚過敏が起こります。従って、露出した象牙細管をふさぐことが、知覚過敏症に対す…

<咬耗> 永久歯は12歳ごろに生えそろい、寿命を全うするまで数十年間働き続けることになります。その間、何もトラブルを生じなければ一生を通じて28本の歯を保つわけですが、…

<歯の白濁と再石灰化> 上の前歯の一部が乳白色に変色して、磨いても取れません。むし歯なのでしょうか。(17歳、女性)

<歯ブラシの功罪> むし歯予防週間に歯医者さんにいきました。自分では1日3回、ちゃんと磨いているつもりですが、新しいむし歯が見つかりましたし、磨きすぎで歯がすり減っているといわれましたが、なぜなのでしょうか。(27歳 女性)

<歯が溶ける、歯がすり減る(トゥースウエア)> 最近、歯がすり減ったのか、下の奥歯に角があるように感じます。このままでよいでしょうか。(51歳 女性)

<急なむし歯の進行> もともと歯は丈夫なほうで歯みがきもきちんとしているのに、最近、急にむし歯ができやすくなりました。なぜでしょうか。(62歳 女性)

<歯の神経を取ると> 歯は内部の神経を取ると、弱くなると聞いたのですが本当でしょうか。(43歳 男性)

<歯髄の壊死> 転倒した時に上の前歯を強打したのですが、そのうちの1本の歯だけ色がだんだん黒くなってきました。前歯なので見た目も悪く、きれいに治したいのですが、どのような治療になるのでしょうか?(45歳 女性)

歯周病

<酸蝕症とは> 酸蝕(さんしょく)症とは、歯が酸によって溶かされてしまうものです。現在、多くの食物や飲料に酸が含まれており、その酸と歯が接触すると歯の表面のエナメル質が一時…

<「歯周病を知ろう」(1) 歯周病の特徴> 歯周病はどのような特徴をもった病気なのでしょう。「ギネス世界記録2006」によると世界で最も多くの人がかかる病気は、感染症では風邪、その他では歯周病と記載されて…

<「歯周病を知ろう」(2) 歯周病と糖尿病> 歯周病と糖尿病が双方で影響し合っているのをご存知ですか。糖尿病になると、口にもさまざまな影響が出ます。その一つが歯周病です。 糖尿病の患者さんの約8割には…

<「歯周病を知ろう」(3) 動脈硬化の引き金に> 厚生労働省によると、日本人の死因の第1位は「悪性新生物(がん)」で、第2位は「心疾患」、いわゆる心臓病です。今回は心疾患と歯周病の関係についてご紹介します。…

<歯周病の予防(1) 手ごわい口腔細菌> 国民の約8割に何らかの歯周病の症状が出ていると言われています。口の中の二大疾患は、う蝕(むし歯)と歯周病で、いずれも歯の表面に付着した細菌による感染症です。…

<歯周病の予防(2) 就寝前の歯磨きが有効> 歯周病は細菌により引き起こされますが、食生活、喫煙、飲酒といった生活習慣とも関係しています。そして歯の表面に付着して増殖する歯周病菌を取り除く歯磨きも、立…

<歯垢=バイオフィルム> むし歯も歯周病も歯垢(しこう)(デンタルプラーク)が原因で起こる口の中の病気です。歯垢は細菌の塊ですが、単にたくさんの細菌が集まっているのではなく、粘着性のあ…

<歯周ポケット> 歯と歯肉(歯ぐき)の間にある溝のことを歯周ポケットと呼びます。歯医者さんで歯周病の検査を受けられた方は経験がおありでしょうが、検査の時に2とか3とかの数字で表…

補綴

<補綴(ほてつ)って何?> 今回から3回にわたって「補綴(ほてつ)」についてお話させていただきます。「補綴」は歯科関係者には一般的な用語ですが、みなさんには聞き慣れない言葉でしょう。歯科…

<補綴治療法> 先月は「差し歯」や「かぶせ」や「入れ歯」の治療を補綴(ほてつ)ということを簡単にお話しました。今月と来月は補綴の方法についてお話します。補綴方法には大きく分けて…

<歯の欠損と補綴方法> 歯が抜けてなくなると、抜けた歯の本数や場所によっては食べにくくなったり、しゃべりにくくなったりしますし、前歯の場合は見栄えにも影響することがあります。そのため、補…

<前歯の補綴治療> 自転車に乗ったまま転倒し、上の前歯を1本失いました。今は樹脂の歯を使って応急的に両隣の歯と接着してもらっていますが、今後どうすればよいのでしょうか?(35歳 主婦)

<仮歯> 歯を削って型をとったところにつめてあった仮歯がとれたのですが、歯医者さんにすぐ来るように言われました。痛くなくても行かなければならないのでしょうか?

<抜歯した後の治療について> かぶせてあった歯がむし歯になり奥歯を2本抜くことになりました。かめるようにするためにはどのような治療方法があるのか教えてください。(53歳、男性)

<抜けた奥歯、すぐに被せられないか> 下の奥から2番目の歯が1本抜けて噛(か)みにくく、早く歯を入れてほしいのですが、すぐに被せることはできないと言われました。歯の周りの清掃から始めるとのことですが、どういうことでしょうか?(45歳、男性)

<義歯の安定剤> かぶせてあった歯がむし歯になり奥歯を2本抜くことになりました。かめるようにするためにはどのような治療方法があるのか教えてください。(53歳、男性)

<残根上義歯> 入れ歯のバネがかかっていた歯が根もとから折れたので修理してもらいに行ったところ、根っこを残したままで上から入れ歯に歯を足してもらいました。抜かなくてもよかったのでしょうか?(68歳女性)

<インプラント> 母親が入れ歯があわず、インプラント治療に興味を示していますが、安全性に問題はないのですか? また、どれくらいの期間使えるのですか?

歯並び・矯正

<歯科矯正治療> 現代社会において、より良く生活したい。そのためには、口と顔の働きといったものは非常に大きな要素となります。食べる楽しさ、言葉や表情を交わすことによる社会的、心…

<矯正歯科治療って?(1)> いまこの「アラカルト」をご覧になられている方々で、もし矯正治療を行いたいと思われているとしたら、その理由は何でしょうか。 一般的には、見た目が気になるという「審美…

<矯正歯科治療って?(2)> 先月、矯正(きょうせい)歯科治療を受けたいと思われている方々は、「審美的な理由」と、「機能的な理由」から治療を希望する方に大きく分けられるのではとお話しました。…

<歯だけ動かすから顎まで動かすへ(1)> 皆さんは、歯科矯正治療は歯並びを直すことで、歯だけを動かして治療をしていると思われてはいないでしょうか。現在の歯科矯正治療では、患者さんそれぞれの頭やお顔…

<歯だけ動かすから顎まで動かすへ(2)> 前回の「歯の健康アラカルト」では、現在の歯科矯正治療において、患者さんそれぞれの歯や顎(あご)の状態を把握して解決しようとしていることをお伝えしました。それで…

<口腔筋機能療法> 現代の歯科矯正治療においては形態と機能の改善が求められています。すなわち、単に歯の並びにとどまらず、顔の中で口が、そして歯が調和のとれた働きを出来ることが…

<歯並び> 9歳の息子が学校歯科検診で歯並びが悪いという指摘を受けたのですが、すぐに治療をしないといけないでしょうか。(37歳 女性)

<矯正治療> 矯正治療するとむし歯になると聞いたのですが。(35歳、女性)

<矯正歯科装置> ワイヤを付けないで矯正歯科治療ができると聞いたのですが、矯正歯科治療にはどのような装置があるのでしょうか。(21歳・女性)

<健康保険が使える矯正歯科治療> 健康保険が使える矯正歯科治療があると聞いたのですが?(20歳、女性)

<上の前歯が下より内側に出てきそうなのですが> 6歳の娘ですが、乳歯の時は正常だったのですが、永久歯の上の前歯がはえ始めてきて、どうも下の前歯より内側に出てきているようで受け口になりそうなのですが、どうすればよいでしょうか。

<指しゃぶり> 保健所での3歳児検診で、歯並びへの指しゃぶりの影響を指摘されたのですが、どうしたらよいでしょうか。(32歳 女性)

<爪かみ> 長女(10歳)が爪(つめ)かみをします。歯に影響はないのでしょうか?(35歳 女性)

口腔外科

<唾石症> 胆のうにできる石を胆石、腎臓にできる石を腎結石(尿管にできる石を尿管結石)といいますが、だ液腺(だえきせん)の中にできる石を唾石(だせき)といい、それによってだ液…

<口唇粘液嚢胞について> だ液を作りだし、口の中に送り出す(分泌する)器官をだ液腺と呼びます。ほとんどのだ液は、耳下腺、顎下(がっか)腺、舌下腺の三つの大きなだ液腺から分泌されますが、…

<口腔白板症> 白板症は口の内側の粘膜にできる、白い色の板状あるいは大きな点状の病変の総称です。典型的なものは、粘膜の一部がさまざまな白色になり、徐々に表面にしわができます。…

<口腔癌> 口の中にも癌(がん)ができることがあります。ほとんどは扁平上皮癌といわれるもので、できる場所によって口唇・舌・口腔底・歯肉・頬粘膜癌などに分けられます。これらう…

<三叉神経痛> 三叉(さんさ)神経は顔や歯の感覚(痛覚・触覚・温覚など)を脳に伝える神経ですが、この神経に支配されている部位に起こる痛みを三叉神経痛といいます。脳・脊髄(せき…

<口腔顔面痛> 近年は高齢社会、ストレス社会といわれています。それに伴って、口腔(こうくう)顎(がく)顔面領域においても、ストレスとの関連が指摘されている疼痛(とうつう)を訴える患…

<服薬内容の申告を> 歯科治療の際に、服用されている薬を申告していただくことは非常に重要です。現在のまれている薬の種類やその量から全身状態を推測したり、処置に支障のある事柄を前…

<骨粗鬆症治療薬と歯科治療> 最近、骨粗鬆(しょう)症の治療薬としてビスフォスフォネート(BP)系のお薬が多用されるようになっています。これは骨の吸収を抑制する作用をもち、骨量増加による骨…

<外傷による歯の脱落> 外傷により歯が抜けた場合でも、元に戻せる事があると聞きましたが、可能なのでしょうか。(36歳 男性)

<親知らずは抜かなければいけないの> 親知らずはどうしても抜かなければいけないのでしょうか? 私の場合は横を向いているといわれ、一度少しだけ腫れたことがあるのですが。(43歳 女性)

<顎骨骨髄炎について> むし歯になって痛かったのですが、もう痛くなくなりました。その歯はむし歯でボロボロなので噛(か)みにくいのですが、他の歯で噛むことができるので放っておいてもいいですか?(50歳 男性)

<上顎洞炎(蓄膿症)> 歯と鼻の蓄膿症が関係あると聞いたのですが、どのように関係しているのでしょうか?(55歳 男性)

<顎関節脱臼> 最近、あくびをした後、時々口が閉まらなくなります。何とか自分で戻せますが心配です。どのような診療科へ受診したら良いでしょうか?(70歳 女性)

<口内炎> 口内炎がよく出来るのですが、何か原因がありますか?(60歳 男性)

<口腔カンジダ症> 最近、よく唇の両端が裂け、舌にも白いコケのようなものが付着します、歯磨きやうがいをすると少し良くなりますが、舌がピリピリと痛むこともあります。どのような病気でしょうか?(65歳 女性)

<シェーグレン症候群> 以前より口の中の乾燥が気になり始めていましたが、最近は鼻も乾き、涙も少なく目の乾燥も感じるようになってきました。また、舌がヒリヒリ痛く味覚の異常もあるようです。このような場合、どのような診療科を受診すればよいでしょうか?(50歳 女性)

<掌蹠膿疱症> 友人の同年代の女性が皮膚科で掌蹠膿疱症と診断され「耳鼻科と歯科にも行かねばならないの」と言っていました。どんな病気でどうして歯科と関係があるのでしょうか。(55歳 女性)

小児歯科

<妊娠中の歯科治療> 妊娠中の歯の痛みは大きなストレスとなり、妊婦と胎児に少なからず影響を与えることが考えられます。原則的に歯科治療ができない時期はありません。妊婦と胎児の状態に…

<小児の「歯ぎしり」> 成人の歯ぎしりはあごのだるさや痛み、こわばりなどの症状を伴うことがあり、問題になることがあります。一方、小児の歯ぎしりは非常に一般的なものでありますが、それほ…

<乳歯> 小学1年生になる長女の乳歯がまだ全く生え変わってきません。異常なのか心配なのですが、どうすればよいのでしょうか?(32歳、女性)

<子供の仕上げ歯磨き> 子供(3歳)が仕上げ歯磨きをさせてくれません。どうすればよいでしょうか?(28歳 主婦)

在宅医療・高齢者歯科

<加齢と口腔内の変化(1)> むし歯や歯周病に罹患(りかん)しなくても歯や歯ぐきも年を重ねるにつれて少しずつ変化をします。典型的なものとしては、歯がだんだん磨り減ってきて、茶色っぽくなってく…

<加齢と口腔内の変化(2)> 前回は、むし歯や歯周病に罹患しなくても歯や歯ぐきが加齢によって変化することをお話ししました。今回は、加齢によって起こりやすくなる口腔内の疾患を取り上げてみます。…

<誤嚥性肺炎> 肺炎とは肺の炎症性疾患の総称で、一般的には急性の感染症として理解されています。多くは発熱、咳(せき)、呼吸困難、胸痛などの症状がありますが、高齢者は症状が出…

<介護と口腔ケア> 要介護者の状態に大きく左右されますが、今回はご自身で口腔(こうくう)ケアを行えない方に対する口腔ケアの必要性、重要性についてお話しいたします。多くの方が大小…

<要介護者への口腔ケア> 寝たきりの父は歯ブラシをいやがって歯磨きをさせてくれません。口を開けさせるにはどうすればいいのでしょうか?(50歳 女性)

歯と全身の関係

<口は健康のカナメ> 「腰」という字は身体を意味する「月」とかなめ「要」という文字からできています。「腰」は人体のカナメであることは、その文字の成り立ちから考えてもわかります。人類は二足…

<管楽器演奏と歯> 楽器の中でも息を吹き込んで音を出すものを管楽器といいますが、その演奏に歯が大きくかかわることをご存じでしょうか。トランペットのような金管楽器ではマウスピースを…

<歯周病と全身疾患> 最近テレビで、歯周病が糖尿病などの体の病気に悪影響を与えるということを耳にしましたが、本当なのでしょうか?(30代 主婦)

<スポーツとマウスピース> 北京オリンピックではいろんな競技でマウスピースをつけている選手がいましたが、どのような効果があるのでしょうか。(25歳 男性)

口腔機能の異常

<口臭> 年を重ねてくると「臭(にお)い」にまつわる悩みが増えてきます。加齢臭がその代表ですが、口臭も大きな問題です。原因となる病気が無くても日常的に発生する場合、生理…

<舌苔と口臭予防> 口の中には数百種以上といわれる細菌が存在します。この口腔(こうくう)内細菌が歯の表面に付着し、栄養が得られる環境になると歯垢(しこう)が形成され、むし歯や歯周…

<歯ぎしりについて> 近くで寝ている人のキーキーやギリギリという異様な音で目を覚ました経験は、誰でも一度や二度はあるのではないでしょうか? 上下の歯と歯が強く擦れ合う時の歯ぎしり…

<口臭> 自分で口臭があるように思います。気になって人と近い距離では口をあけるのも不安です。口臭はどうして生じるのでしょうか、治療法はあるのですか?(28歳 女性)

<口呼吸の影響> 小学1年の息子がいますが、ポカンと口をあけてテレビを見ていることがあります。口で息をする癖は歯に悪いと聞いたのですが、どうなのでしょうか。(32歳 女性)

<歯ぎしり> 夫婦で働いていますが、寝ている時に私が時々歯ぎしりをしているようです。歯のために良くないのではと気になるのですが。(26歳 女性)

<味覚障害> このごろ食事がおいしくない、なにか変な味がするように思うのですが、歯を磨けばよくなるでしょうか?(62歳 女性)

<摂食嚥下障害> 年をとってきてから、食事中によくむせるのですが、むせはなぜ生じるのですか? むせを防ぐことはできるのですか?(75歳 女性)

<食事中にむせる摂食嚥下障害> パーキンソン病の父は、なんとか自分で食べることはできますが、食事中にむせることが多くて困っています。どうしたものでしょうか。(41歳 女性)

その他の歯科領域

<歯の衛生週間> 今年も歯の衛生週間(6月4〜10日)がやってきました。6月4日は語呂合わせでむし歯予防デーと呼ばれていますが、この日にちなんで「予防」について考えてみたいと思い…

<いい歯の日> 11月8日は「いい(11)歯(8)の日」です。1993年に日本歯科医師会によって制定されました。6月4日から10日の「歯の衛生週間」は広く知られていますが、「いい歯の日」は…

<歯の形とそのはたらき> 永久歯は6歳ごろから生え始め、12歳ごろに生えそろいます。全部生えそろうと、前歯から奥歯まで親知らずを除いて上下左右で各7本ずつの計28本が正常な数です。各7…

<障害者の歯科診療> 大阪府歯科医師会では、41年前から障害(児)者の歯科診療に取り組んできました。当時は大学病院にも障害者を担当する診療科はなく、全国的にも先駆的な役割を果たした…

<新・夜間緊急歯科診療所完成> 大阪府歯科医師会が平成16年6月にスタートした全国で初めての夜間の緊急歯科診療が5年目に突入しました。年間6000人を超える緊急の患者が利用するこの施設が府…

<歯の色> 前歯の色が全体に茶色っぽくて気になるのですが、白くきれいにすることはできるのですか?(23歳 女性)


ページ上部へ
Copyright (C) 2010 Osaka Dental Association All Rights Reserved.